2007年03月07日

進歩の歴史

自分でやらなくてすむことは他の物(者)にやってもらう=代替

一見ただ楽をしたいだけのように思われるかもしれません。
でも、このような考え方なしに人の仕事の進歩はなかったと思います。

昔々、人が素手のみでやっていた作業。
人は「道具」を使い、「動物」を使い代替の歴史は始まります。
次いで人は「機械」を発明し、その機械を効率良く使う方法(システム)を発案することにより、物作りに革命(産業革命)をもたらします。

次にこの代替の流れは、IT技術の発展と成熟により、世界規模でのアウトソースにつながり、やがて世界中の情報の収集・調査といった従来人間でなければできなかった事までも機械に代替させることを可能にしました。

我々人類は、次に「何を」「どうやって」自分達がやらなくてすむようにするのか?

間違いなくここに次のビジネスの種が隠されていると思います。


posted by canopus 2 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。